FC2ブログ
2019_11
06
(Wed)10:06
愛犬のために袴を縫いました。

チャチャ袴

人のお着物の作りを参考にして、身頃と袴を合体させた簡単な作り。

襟付け

衿付けが1番の難関です。
ここはもう少し改善した方が・・・。

ジュジュ袴

縫い方変えたりして完成した2着目。
これでも良いんだけど、ここをもう少し変えた方がフィットするかなー。

ヒコさん袴

と縫い上げた3着目。
ほぼ満足いく仕上がりになりました。

ぴーちゃん袴

そしておさらいのために、もう1着。
飽きずにとても楽しく縫えました。

身頃は同じ生地の色違い。
袴は生地によってゴワゴワ固かったり若干伸縮性があったりとそれぞれクセがありました。
柄の大きさや柄合わせやすさなど、すべて同じネットショップで購入したんだけどできれば手に取って選びたいと思いました。

1106-10.jpg

ジュジュ(小さい方)のサイズ感がイマイチね(;^ω^)
でも今回はこれで我慢してもらいます。

1103-5.jpg

3着目・4着目はお友達に着てもらいました。

1103-4.jpg

カッコ良く着てくれて、どうもありがとう。



布地はすべて都香庵で購入しました。
素敵な生地がいっぱいあって、見るたびに欲しくなっちゃう。
さて、パッチワークを再開しまーす。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2019_10
23
(Wed)21:33
昨日、厳かに滞りなく執り行われた「即位礼正殿の義」
そこかしこにちりばめられている日本の美を興味深くテレビで観てました。
古代からの美しい伝統色、意味のある文様。
飾りや形にもひとつひとつある意味。
母や祖母から聞いていて「麻の葉」「青海波」などの文様は知っていたけど、少し興味がわき調べてみました。
ちょうど手元にある布地から。

1023-文様-1

蜀江霊芝雲文…蜀江(しょっこう)は八角形と四角形をすき間なく連続的につなげた文様。
           霊芝雲文は万年茸を雲にかたどり、吉祥模様として古くから使われてい
           る。
瓜文…無病息災・子孫繁栄
     ウリ科の植物は形の面白さから文様にされてきた。

1023-文様-2

牡丹鳳凰…牡丹は百花の王・富貴花
        鳳凰は伝説の鳥。瑞祥文様でよろこばしい事の前兆、めでたい印とされている。
蔓華文…つる草の生命力に花の可愛らしさから、華やかな場で用いられる。

それぞれ縁起がいいとされる動植物に願いが込められているんですね。

伝統色についても。

1023-花菱文

紫…気品高く神秘的。高位を表す。
若菜色…若菜は春の七草の別名。生命力を表し万病を除く。
新橋…東京新橋が名の由来。ハイカラや時代の先端など憧れを籠めて呼ばれるようになった
     明治時代以降に使われるようになった色。
藤色…藤の旺盛な生命力や豊かな芳香にちなんで、高貴な色として使われた。
文様は花菱文様。

1027-6.jpg

以前縫った愛犬の袴も調べてみました。

2017-10-11-2.jpg

松葉色…不老長寿・魔除けを表す色。「(神を)待つ」「祀る」に通じる。
      文様は立涌(たてわき・たちわき)文様。


2017-10-11-1.jpg

黄金金茶…山吹色。実りを付けた稲穂の色や大判・小判から「豊か」と「安定」を表す。

調べれば調べるほど面白いです。
間違いがあったら是非ご指摘くださいませ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
2019_10
08
(Tue)21:18
パッチワーク着々と成長しています。

1008-10.jpg

チクチクコロコロチクチクコロコロ楽しいです。

1008-7.jpg

でもちょっとパッチワークはお休みして、こちらに手を出しています。
愛犬の袴モドキを手縫いで縫います。
手仕事って本当に楽しい♪

先週どこが、と言う訳ではないけど体調がイマイチでした。
そしたら最後の仕上げなのか、頭皮から膝下まで全身蕁麻疹に!
主治医の所に駆け込んだら一目見て、手に負えないと皮膚科の紹介状を書いてくれました。
この紹介状が本当に助かりました。
10時過ぎに指定の皮膚科に行ったら「本日は予約でいっぱいなので受付終了しました」と貼り紙が。
でも受け付け行って紹介状を渡したら診ていただけることに。
近辺の皮膚科は2件とも予約制になっているよう。
8時半からの診察で8時に行ったらすでにその日の診療予約が取れないとか。
そんなに人口多い街ではないんだけどな。
頼りになる主治医でよかった~。

0929-2.jpg

お友達からたくさんの本をお借りしました。
病院の待ち時間も楽しい読書タイムで苦になりません。
痒みで寝られない夜も辛さ半減。
ゆきさん、どうもありがとう!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
2019_09
30
(Mon)11:15
ネットショップで購入したものが週末届きました。

0927-1.jpg

木のボビンに惹かれた手縫い糸、フジックスPICE(ピセ)
3色シャーペンと替え芯、金亀糸業Sewlineシャープペンシル
クロバー、コロコロオープナー

0927-2.jpg

1番下のシャーペンが今まで使っていたもの。
このシャーペンの替え芯を探している時に、3色用のシャーペンを見つけました。
今までは黄色1色で印付けしていたけど、薄い色の布地の時は見にくくて普通の黒シャーペンを使う事も。
3色シャーペンならいちいち持ち替えずにすむ!
ボディーのピンクがイマイチだったけど、他の色がないので購入。
ところがこれが結果オーライに。
いつも詰めが甘い私、替え芯の太さを確認せずに購入したら、持ってたシャーペンは0.7mm。
購入した替え芯は0.9mm。今までのシャーペンでは使えません(;^ω^)
結果的にピンクのシャーペンを一緒に購入しといてよかった~。

0927-3.jpg

そしてこれまたピンクですが…(;´д`)
縫い代倒してコロコロ1往復させると、アイロン当てたようにピシーッとします。
今までは爪でしごく様にして押さえた後にアイロン当ててたのに、コロコロで済んでしまうんです!
爪も欠けることなく布地も伸びることなく、いちいちアイロンしなくても最後にまとめてあてればよくて本当に便利。
テンション上がってやる気も出てきます。

でもどうして手芸用品ってピンクなどファンシーカラーが多いんでしょうね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
2019_09
27
(Fri)07:47
久しぶりのパッチワーク。
本を眺めたり道具をそろえたりでなかなか手を付けずだったけど、やっと着手しました。

0925-3.jpg

まずは印付け。
でもここでつまずきました。
シャーペン型のチャコを使っているんだけど、芯を折ってしまったりで手持ちの替え芯6本を使い切ってしまいました。
ネットショップで注文し、到着待ちです。

0926-1.jpg

待ってる間にひと仕事。
持ち手付きのカゴにお道具まとめて入れたけど、糸切りばさみや物差しが底に沈んじゃって使いにくい。

0926-2.jpg

カルトナージュで筒を作ってみました。

0926-3.jpg

きちんと収納場所ができてスッキリ。

0925-2.jpg

あとは糸通しが難儀なお年頃。
いちいち糸通しに煩わされない様にまとめて針に通して、チクチクの準備万端です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村