FC2ブログ
2020_01
17
(Fri)18:10
去年の秋に初めて知りました。
「日本人が出すプラごみ、1人当たりでは世界2位」

0116-クジラ

死んだクジラのお腹の中から6トンものプラゴミが出てきたリ、ウミガメの口からはみ出しているビニール。
こういうお写真目にするたびに、心の底から申し訳なく思っていました。
ショッピングバッグを持ち歩き、飲み物はマイボトルを準備してペットボトルを買わない様にする。
こんな事くらいじゃなんの解決にもならないけどね。

0116-5.jpg

自己満足の域を出ませんが、ラップ類を使わなくてすむ様にシリコンラップを買いました。
これも使わなくなればプラゴミですね(;^ω^)
保存容器はガラス製を使ってるけど蓋はプラスチックで、案外すぐに割れちゃうんですよね。

0116-2.jpg

6種類の大きさが入ってました。
試しにかぶせてみたら、多少変形したものや持ち手がついている物にも対応します。

0116-3.jpg

付けるのにちょっとコツがいるけど、太鼓の皮張ってるようで楽しい♪
上手に張れると「ボムボム♪」と良い音がします。

0116-4.jpg

洗うのも、流しに置いてスポンジで洗ってもいいし布巾洗うようにしても良いし。
使用済みのサランラップを洗うよりはずーーーっと楽チン。
こうしてぶら下げておけばすぐに乾くのも良いです。
あとは耐久性がどれほどあるか。
長持ちするといいな~。

身の回りから、少しずつプラスティックをなくしていけたらいいな。
何か良いものあったら、教えてくださいね。

0116-6.jpg

セーターの開き(*´艸`*)
このまま脇を閉じたらベストになるね…。
でも頑張って袖を編んでます。
週明けには出来上がる…かな?

ありがとうございました♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
- 個別に読む -
スポンサーサイト



2020_01
13
(Mon)18:50
チェックのストールを買いました。

0113-ストール3

去年の秋にスーパーで素敵なストールをまとっている方を見かけて一目ぼれ。
調べたらHESSIAN DRESS STEWART(ヘッシャン ドレススチュワート)という柄みたい。

0113-2.jpg

ベージュベースにレッド・パープル・モスグリーン。
アクセントに鮮やかなターコイズブルー。
全体的に柔らかいトーンで赤も落ち着いていて、派手な感じはしません。
黒にも茶にもベージュにも合いそう。
嬉しいな~。

0113-4.jpg

お部屋の中にこうして積み上げてあり、ひざ掛けとしても使ってます♪


ありがとうございました♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
- 個別に読む -
2019_11
27
(Wed)21:54
なんとなく気分が乗らずボーッと日々を過ごしていました。
自分のウッカリから愛犬を危険な目に合わせてしまい落ち込みました。
そして私の抜歯。
抜歯が決まってからは2週間ほどあったのですが、その間落ち着かない~(;´д`)
その抜歯も月曜日に無事すみ、痛みもおさまってきて一安心。
久しぶりに手仕事しようと刺し子の布地と糸を取り出しました。

糸1127-刺し子

まずは布巾を形にするためにチクチク。
気持ちが落ち着きますね~。
そして糸を見て??
毛糸のカセの様になってます。
どうやって使うのかしら。刺しゅう糸の様に引っ張り出せないし。
という事で頑張って糸巻きに巻いてみました。
紺色はどうにか巻き取れたんだけど…。

1127-4.jpg

ピンクの方はこんな状態になってしまった。
短気を起こさず、強く引っ張らず、と何度もつぶやきながら巻き取っていたんだけど…。
短気を起こしてしまいました(;^ω^)

1127-5.jpg

どうせ切って使うんだからとほぐしながら切って、こんな状態になっちゃった。
このお写真見て気づきました!
昔のしつけ糸の様に使えばよかったんだ。
輪っかの状態で片方にはさみを入れれば、上から1本ずつ引き抜けるんですね。
そんなこんなでウサギをチクチク始めるまで1日かかりました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
2019_11
06
(Wed)10:06
愛犬のために袴を縫いました。

チャチャ袴

人のお着物の作りを参考にして、身頃と袴を合体させた簡単な作り。

襟付け

衿付けが1番の難関です。
ここはもう少し改善した方が・・・。

ジュジュ袴

縫い方変えたりして完成した2着目。
これでも良いんだけど、ここをもう少し変えた方がフィットするかなー。

ヒコさん袴

と縫い上げた3着目。
ほぼ満足いく仕上がりになりました。

ぴーちゃん袴

そしておさらいのために、もう1着。
飽きずにとても楽しく縫えました。

身頃は同じ生地の色違い。
袴は生地によってゴワゴワ固かったり若干伸縮性があったりとそれぞれクセがありました。
柄の大きさや柄合わせやすさなど、すべて同じネットショップで購入したんだけどできれば手に取って選びたいと思いました。

1106-10.jpg

ジュジュ(小さい方)のサイズ感がイマイチね(;^ω^)
でも今回はこれで我慢してもらいます。

1103-5.jpg

3着目・4着目はお友達に着てもらいました。

1103-4.jpg

カッコ良く着てくれて、どうもありがとう。



布地はすべて都香庵で購入しました。
素敵な生地がいっぱいあって、見るたびに欲しくなっちゃう。
さて、パッチワークを再開しまーす。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
2019_10
23
(Wed)21:33
昨日、厳かに滞りなく執り行われた「即位礼正殿の義」
そこかしこにちりばめられている日本の美を興味深くテレビで観てました。
古代からの美しい伝統色、意味のある文様。
飾りや形にもひとつひとつある意味。
母や祖母から聞いていて「麻の葉」「青海波」などの文様は知っていたけど、少し興味がわき調べてみました。
ちょうど手元にある布地から。

1023-文様-1

蜀江霊芝雲文…蜀江(しょっこう)は八角形と四角形をすき間なく連続的につなげた文様。
           霊芝雲文は万年茸を雲にかたどり、吉祥模様として古くから使われてい
           る。
瓜文…無病息災・子孫繁栄
     ウリ科の植物は形の面白さから文様にされてきた。

1023-文様-2

牡丹鳳凰…牡丹は百花の王・富貴花
        鳳凰は伝説の鳥。瑞祥文様でよろこばしい事の前兆、めでたい印とされている。
蔓華文…つる草の生命力に花の可愛らしさから、華やかな場で用いられる。

それぞれ縁起がいいとされる動植物に願いが込められているんですね。

伝統色についても。

1023-花菱文

紫…気品高く神秘的。高位を表す。
若菜色…若菜は春の七草の別名。生命力を表し万病を除く。
新橋…東京新橋が名の由来。ハイカラや時代の先端など憧れを籠めて呼ばれるようになった
     明治時代以降に使われるようになった色。
藤色…藤の旺盛な生命力や豊かな芳香にちなんで、高貴な色として使われた。
文様は花菱文様。

1027-6.jpg

以前縫った愛犬の袴も調べてみました。

2017-10-11-2.jpg

松葉色…不老長寿・魔除けを表す色。「(神を)待つ」「祀る」に通じる。
      文様は立涌(たてわき・たちわき)文様。


2017-10-11-1.jpg

黄金金茶…山吹色。実りを付けた稲穂の色や大判・小判から「豊か」と「安定」を表す。

調べれば調べるほど面白いです。
間違いがあったら是非ご指摘くださいませ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村