FC2ブログ
2019_05
14
(Tue)11:23

タータン伝統と革新のデザイン

岩手県立美術館に「タータン伝統と革新のデザイン」を観覧に行ってきました。

0514-タータン

タータンの歴史や時代背景、作品にたくさんの生地見本。
見応えがありました。

0511-2.jpg

残念なことに館内は撮影NG.
こちらは撮影スポットの作品で、1枚1枚本物のタータンチェックの生地でできています。ウットリ~。

0511-タータンチェック展-1

館内の階段もタータンチェックでおめかししていました。

0512-1.jpg

売店で初めて目にするショートブレッドを購入。
ヒト箱に8枚ほど入って750円弱。
お値段いいけど、とっても美味しかった~。
探してお取り寄せしたいくらい。多分する。

0514-2.jpg

以前購入した本も売っていました。
帰ってから眺めたら、もう一度行きたくなっちゃった。
いつか本場の生地屋さんにも行ってみたいな~。



スポンサーサイト

COMMENT 2

雪太郎  2019, 05. 15 (Wed) 06:25

わー、面白そう!
家紋も面白いけど、カラフルな分、タータンの方が見応えあるよね。
私もスコットランドでタータンの布地屋さんに行ってみたいわ。
ついでにフェアアイル島まで足を延ばして、セーターも見たい!
(ついでにスコッチウィスキーも…笑)

そういえばさ、岩手ってツイード織ってる地域があるよね?
スコットランドの羊毛文化と通じるものがありそう。

Edit | Reply | 

*naho  2019, 05. 15 (Wed) 17:08

Re: タイトルなし

ユキタロ さま

生地の切れ端見てると、縦糸がこの色で横糸がこの色で織られるとこの色になるんだ!と見てて飽きないの。
ウンウン私もタータンだけでなくハリスツイードもシェットランド諸島のフェアアイルやアイルランドのアランセーターも見に行きたい!

そうなのよ、日本ホームスパンというのがお隣の花巻にあるの。
羊もたくさん飼育されているし、手紡ぎ手織りの技法はスコットランドから100年くらい前に伝えられたんだって。
寒さ厳しい気候も似てるのかもね。

Edit | Reply | 

« PREV  Home  NEXT »